や行男性A

  山下 清

世界で数十人しかいないサヴァン症候群の一人ではないかと言われている山下清。
すでにサヴァン症候群の波動振動測定は済んでいますが、山下清の測定もそのときに終わっています。
測定の結果では、山下清はサヴァン症候群ではないということになりましたが、ここではもう少し詳しく山下清の意識振動とその集中点を説明したいと思います。

病気の後遺症で軽い言語障害と知的障害を持った山下清の意識集中は、彼の写真を見る限りでは、何か特別なものを感じることはありません。
また、比較のうえでもう一度言いますが、世界に数十人しかいないサヴァン症候群の人達の意識振動集中は、世界の不思議に共通した特殊な集中点にあって、一人を除きそれが全員一致しています。
その一人も、違う集中点で特殊です。
ただ、山下清の意識は、このサヴァン症候群の特殊な集中点にはありません。
という訳で、波動振動測定の観点から彼はサヴァン症候群でないとしています。
医学や科学的な研究は、それはそれで、私としてはいろいろな不思議を波動振動測定で解明説明出来るように研究しています。

山下清の測定結果です。
彼の集中は、アジナにあります。
しかも、外から見ただけでは想像がつかないくらいの強い集中振動を感じます。
その集中の強さは、今まで測定した科学者レベルの集中振動があります。
ちょっとどころか、風貌からはまったく信じられない集中振動です。
集中力は、思考、記憶、探究など、それぞれの集中分野によって潜在意識の働きも違ってきます。
この部分の集中の強さによって、一般的にいう頭がいいというレベルも分ります。
サヴァン症候群の人は、このような感じの集中の強さはありませんが、振動の種類の質が特徴的です。

集中の極意は、他のことに一切気を取られない、自分のすべてがそのものと一体になるくらいに自分の意識すべてをそれに同調出来るかが問われます。
ですから、力を入れた集中というものは、それは意識ではなく精神的なものになりますので本来の集中とはかけ離れて行きます。
テレビなどでよく見る間違った集中力の方法を、今でも正しいと思っている人も多いでしょう。
今私が行なっている波動振動測定も、集中力が必要です。
コツは、集中を超えた集中、何も集中していません、実際こんな集中です。

もちろん山下清の作品にも、彼の集中振動が入っているのは当然です。
彼が写っている写真があります。
作品を作っているところ、何かをスケッチしているところ、ただ何かを見ているところなど、こういう写真にも強い振動を感じます。
何もしていなくても、この振動が彼自身ということです。
そのような集中になっている意識ということになります。
一見ボォーとしているような写真もありましたが、見た目と意識振動がこれほどギャップのある人も珍しいです。
山下清やサヴァン症候群の人達の集中振動を研究してみれば、「意識と集中の関係」がヒントとして見えてくるかもしれません。
けっして、「脳と集中の関係」ではありません。

ウィキペディア:山下 清

  吉田松陰

吉田松陰のARR (2015/7/25)

吉田松陰は日本の武士(長州藩士)、思想家、教育者。
生没年 : 1830年-1859年
ARRの年齢は、15歳、20歳、そして亡くなる1年前の28歳です。

15歳の意識
振動の感じから、IQが非常に高いことが分かります。
この年齢の時の意識は、遠く(未来)を見つめている感じで、とても落ち着いた意識状態です。

潜在意識は、全体を把握しようとする感じがあり、この集中の仕方は、15歳では考えられない持って生まれた能力といった独特な感じがあります。

20歳の意識
P6です。
頭は冴え冴えで、意識は何の抵抗もなく拡大している感じです。
全体的意識の感じからは、絶対的自信を感じます。
内的集中の仕方も安定しているので、20歳でも、この時代の人間はほとんど把握していたのではないかと思います。

潜在意識は、すでに拡大意識で全体を把握して見る集中、未来を推測する集中をやっているので、このような意識は20歳の年齢では、普通はあり得ない集中の仕方です。
やはり、持って生まれた能力としか言いようがありません。

28歳の意識
P7です。
動かない意識といって、完全にすべてのことを自分に
集中させている意識です。
静謐そのものといった意識状態です。
28歳の時の意識ですが、すぐにこのような意識にはなれ
せんので、もっと若い頃から出来ていたのかもしれません。
若い頃といっても、20歳過ぎになりますので、やはり相当な意識レベルの持ち主だったということです。

ウィキペディア